頭を悩ます保険選び

保険の選び方、慣れていないと難しいものです。
このサイトで提供する保険の特色、特徴などから良い選択ができれば幸いです。

更新情報

 

3種類の生命保険

契約者の死亡時に保険金が支払われる生命保険には、大きく分けて3つの種類があります。
終身保険、定期保険、養老保険の3つがその3種類なのですが、今回は3つの保険の違いと特徴についてご説明したいと思います。

終身保険

終身保険とは、保障期間が一生涯の保険のことです。満期はありません。
死亡保障が一生涯続くとは、変な言い方のように聞こえるかもしれません。
一生涯のうちに死なない人はいませんから、簡単に言えば、終身保険は途中解約しない限り必ず保険金が支払われる保険です。
このため、ご自身のお葬式のための資金や墓地,墓石代のために利用するのが良いでしょう。
払い込み期間はほとんどの場合自由に設定できますが、払い込みが終了した後も、年齢が重なっても死亡保障が一生涯つづきます。
これは保険会社にとって不利なため、終身保険を解約したときに契約者が受け取るお金である解約返戻金は、払い込み終了後数年で保険料総支払額を上回ります。
このため、お子様の学資や結婚○周年記念などのための資産形成に利用する人もいます。

定期保険

終身保険は、保険会社(商品)によりますが、例えば30歳の男性が60歳までの払い込みで1000万円の保障を得ようとすると、月々20000円の保険料が必要です。
まだ幼いお子様や専業主婦(夫)を扶養しているなら、万が一の時にはこの数倍の生活費や教育費が必要ですから、終身保険だけでこれに備えるのは現実的ではありません。
一家の大黒柱の万が一の時に残された家族が経済的に困らないようにするためには、定期保険を軸に考えるのがもっとも適切です。
定期保険は、その名の通り一定期間のみ、契約者の死亡時に保障してくれます。
そして、その期間に契約者が死亡しなければ、払い込んだ保険料は戻ってきません。
ほとんどの場合、解約返戻金もありません。掛け捨てのため、ほとんどの場合は契約者が損をするのですが、その分終身保険に比べて保険料が圧倒的に割安です。
ただし、更新時に保険料が上がる、または健康状態の変化によって更新できない、などのリスクがあります。

養老保険

養老保険は、定期預金のように一定期間お金を積み立てて、満期になるとあらかじめ決められた満期保険金が受け取れる保険です。
満期保険金は保険料総支払額を上回ります。
また、契約者の死亡時には満期保険金と同額の死亡保険金が支払われます。
このため、一定期間の死亡保障と資産形成が同時に行えます。
お子様の教育資金準備に利用される学資保険は養老保険の一種です。
かつては老後の資産形成のためにこの保険を利用する人が多かったため、現在でもこの名でよばれています。
定期預金と比べて、途中解約の場合に解約返戻金が保険料総支払額を下回る可能性があるというリスクがあります。

 

私がお薦めする保険情報サイト

おすすめ保険情報
↑保険見直しLABという保険見直し、相談について運営しているサイトです。
ここでは無料で保険相談ができる情報、アドバイスが載っています。

プロが教える保険の選び方
↑なんとあの!ゼクシィが保険相談をやっています。
まあ結婚後には保険が付き物ですからね(笑)

ページのトップへ戻る